ブログ

金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

3月 2021
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

ようこそ! フィナンシャルヴィレッジブログへ

ブログイメージ
フィナンシャルヴィレッジブログへようこそ!
何気ない日常のあれこれや資産運用に役立つ様々な情報を不定期で更新しています。スタッフのyukkyとるりが交代で更新しています。あなたの資産運用に是非お役立て下さい。

オフィシャルサイトへ

ビットコイン

2021/2/17

ビットコインが5万ドルの大台を突破した。 カネ余りなどの要因もあるが、個人的にはイーロンマスクの影響は大きかったように感じられる。 まだ投機的な動きが続いていくとは思われるが、スマホ決済などに使用できれば立派な通貨と言えるだろう。 急騰急落はありうると思うので、自己責任ではあるもののタイミング次第では有望な資産になりえるかもしれない。

リスク回避のドル買い

2021/1/28

新型コロナ感染拡大が止まらないことで、ユーロ売りが広がり、リスク回避で欧州株も全面安となった。米国時間になってもその流れは変わらずユーロ売りドル買いが続き、NYダウも利益確定の売りが広がった。なおFOMCは現状維持と市場予想とほぼ変わりなく、影響は限定的。月末ということで、ポジション調整の意味合いも見受けられた。

今夜の公聴会

2021/1/19

19日に米上院で開かれる指名承認公聴会でイエレン氏の発言は注目しておきたい。弱いドルを目指すことはしないとみられており、基本的なスタンスからは外れない発言となるだろう。公聴会前のインタビューで、議会がさらなる経済支援を承認し、回復を支えていくための強い行動をとらない限り、米国は長く痛みの伴う不況に突入するリスクがあると答えていることから、このあたりも注目しておきたい。とはいえイエレン氏のスタンスはドルを含め各通貨は市場で決まるべきとの考えをもっており、バランスを取る政策となるのではないだろうか。

謹賀新年

2021/1/5

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。早速ですが、日本でも新型コロナ感染拡大が止まらない中、緊急事態宣言が7日にも決定される見通しとなっております。今回は1都3県で飲食店を中心に行われそうですが、効果は限定的になりそうです。理由はいくつか考えられますが、自覚症状が無い人がいること、新しい生活スタイルに慣れてしまっていることで、徐々に緩んできたことも挙げられるのではないでしょうか。今一度行動に気を付けなければいけないと思いますが、経済へのダメージを考えると難しいかじ取りとなっています。早く収束に向かってくれれば良いのですが・・・

NYダウ終値史上最高値更新

2020/11/17

NYダウが終値でも9か月ぶりに史上最高値を更新した。新型コロナワクチンの実用化が現実味を帯びてきたことで、見通しが明るくなったことが主な要因となっている。株高に連動し、リスク選好の円売りでドル円は105円台を回復したが、NY連銀製造業景気指数が予想外に悪化したことでドルは売られた。ドル円は株価上昇ほど反応せず、悪い経済指標に反応するということは、ドルの地合いの悪さを物語っているとも言える。米大統領選挙後の上昇幅からすると、104円台30~40銭あたりが半値押し水準となり、104円前後が3分の2押し水準となることから、このあたりが一つの目安となってくるのではないだろうか。今週は特に動きに注意しておきたいところだ。