前回米雇用統計の数字

金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

前回米雇用統計の数字

2013年11月14日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 10:04 AM

今月8日に発表された10月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数は20万4000人増と大きく改善したものの、失業率は7.3%と前月から0.1%ポイント上昇と、全く違う姿を示した。

なぜ同じ雇用統計の中で雇用者数は増加しているのに失業率は落ち込むのだろうと疑問を持つ人もいるだろう。

答えは、非農業部門雇用者数は事業所調査、失業率は家計調査と違うデータからとっているからだ。

10月上旬の政府機関の閉鎖で一時帰休扱いとなっていた連邦政府職員を事業所調査では雇用者としてカウントしたことから、大幅な雇用者増になったというカラクリだ。

事業所調査の回収率は83.5%と高く、非農業部門雇用者数に関しては調査の信頼性に問題はなかったが、来月6日に発表予定の11月米雇用統計における家計調査で、事業所調査が見込んだように連邦政府職員がきちんと職場に戻っているかを確認する必要がある。

 

 このような状況下の数字では、今回の雇用統計がテーパリングの判断材料となるべくもないことから引き続き来月の雇用統計に注目したほうがよさそうだ。

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment