チョコレート王の勝利

金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

チョコレート王の勝利

2014年5月26日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 1:27 PM

 注目されていたウクライナ大統領選は、25日(日本時間未明)に親欧米派のポロシェンコ氏が過半数を獲得し、3週間後の決選投票を待たずして決着した。

 ポロシェンコ氏はチョコレートメーカーやテレビ局を保有する実業家。米誌『フォーブス』の推計で約10億ドルの資産をもつことから、「チョコレート王」とも呼ばれ、外務大臣や経済大臣を務めた経験もあり、前政権への抗議デモを自分のテレビ局を通じて支援し、常にスポットの当たる立場にいた。

 当確前には公約の中でEU加盟だけでなく、ロシア産天然ガスの輸入削減も強調していたが、外務大臣の頃にこれに賛成しながらも、今年4月に加盟支持が39パーセントにとどまる世論調査の結果が発表されるや、「NATO加盟がウクライナを分断する」と、これに消極的な立場に転換。ロシアや親ロシア派との決定的な対立を回避する姿勢もみせていた。

 ポロシェンコ氏は当確後の会見で、「大統領としての最初の課題は、国に平和をもたらすことだ」と述べ、親露派武装集団による行政庁舎占拠が続くドネツク、ルガンスクの東部2州を訪問する考えを表明した。また、「我々は欧州との統合の道を選んだ」と述べ、欧州連合(EU)への加盟を見据えた西側諸国との関係強化を目標に掲げている。ロシアについては、「我々の隣人だ。ロシア抜きで地域の重大な安全保障の問題について話し合うべきではない」と述べ、プーチン露大統領に配慮を示したが、「クリミア占領は認めていない」と述べ、3月のロシアによるクリミア半島編入を批判した。

 今後は、ウクライナ東部やロシアの反応、それを受けた欧米の対応に注目が集まる。極端に有事となればドル買いに傾くと予想されるが、親欧米派の勝利で混迷の状況が続くと予想されその段階ではリスク回避の円買いに傾きやすい状況に変化はないだろう。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment