期待が高まる追加緩和と緩和解除

  • フィナンシャルヴィレッジホーム
  • ブログ
  • 期待が高まる追加緩和と緩和解除
金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

期待が高まる追加緩和と緩和解除

2014年6月9日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 1:55 PM

2015年10月の消費増税(10%)の判断材料が、2014年7-9月期の国内総生産(GDP)となることから、日本銀行による異次元の量的・質的金融緩和第2弾への期待感が高まっている。

 今週12-13日日銀金融政策決定会合が行われるが、先週のECBでドラギ欧州中銀総裁がマイナス金利を導入することでユーロ安誘導を打ち出したため、ユーロ売り・円買い圧力を回避する措置として、日本銀行による追加緩和策が予想されている。

 黒田日銀総裁は、ドル・円が100円台に突入したタイミングで、ウォール・ストリート・ジャーナル紙などで円高を牽制する発言を繰り返しているだけに、円高回避のスタンスは明確といえよう。

 引き続きウクライナ情勢悪化によるリスク回避の円買いの動きに警戒しつつ、日本銀行金融政策決定会合での追加緩和策の可能性を見極める展開となるが、来週17-18日にFOMCが行われることも円売りのバイアスを後押しすると考えられる。

 FOMCでは、先週の米雇用統計が好調となったことを受けて、テーパリング(金融緩和解除)の追加継続が確実視されている。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment