発言の真意

金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

5月 2022
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

発言の真意

2012年2月10日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 9:21 AM

 安住財務相が衆院予算委員会で、政府・日銀が10月31日に開始した介入に関し、1ドル75円63銭の時点で介入を指示し、78円20銭のところでやめた、との発言がありました。

 手の内をさらすという前代未聞のことで、考えられないことです。

  ただ、実際のところはどうだったのかはわからないにせよ、なぜこのような発言につながってしまったのか

財務相としての資質がまたまた問われる結果となってしまいました。

 

 関係各局が火消しに躍起になっておりますが、これにより投機筋に手の内をさらしてしまったのはどうかと思いますが、今後の単独介入を示唆したことは一定の評価をしている方もいます。いずれにせよ、この水準が意識されてくることは間違いないことでしょうし、少しですがドル円にも注目してもいいかもしれませんね

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment