本邦材料目白押しも・・・

  • フィナンシャルヴィレッジホーム
  • ブログ
  • 本邦材料目白押しも・・・
金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

本邦材料目白押しも・・・

2013年8月5日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 10:35 AM

 先週末は、米雇用統計において失業率は7.4%(前回7.6%)と改善を見せたものの非農業部門新規雇用者数が予想を下回り16.2万人(予想18.5万人)となったことに加え、米国連邦大陪審が、米ヘッジファンド大手のSACキャピタル・アドバイザーズ(運用資産:150億ドル)を、インサイダー取引を行ったとして起訴したことで、安倍トレードの円売りポジションの手仕舞いで円買いが強まりこととなった。

週明けて今週は、日本銀行金融政策決定会合で、日本版「長期資金供給オペ(LTRO)」などの追加緩和策が打ち出されるか否か、日本の経常収支、貿易収支、資本収支での需給を見極める展開が予想される。

 日本の6月の経常収支は、4000億円の経常黒字が予想されており、5ヶ月連続で経常黒字を記録した場合、円売り圧力がやや緩和することになり、また一方で貿易赤字が拡大していた場合は、円売り要因となるだろう。

 

 短期的には本邦材料を見極める必要があるが、中期的にみると本邦にしても米国にしても“きっかけ待ち”であることに変化はなく、円売りドル買いスタンスは継続しつつ、RBAを控えた豪ドルはともかく欧州クロス円、ドル円ともに押し目を狙っていきたい。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment