米議会一服もマーケットは波乱含み

  • フィナンシャルヴィレッジホーム
  • ブログ
  • 米議会一服もマーケットは波乱含み
金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

11月 2021
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

米議会一服もマーケットは波乱含み

2013年10月17日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 9:33 AM

 米上院与野党は16日、米国債のデフォルト(債務不履行)回避と政府機関再開に向けて合意に達したと発表した。合意案は、連邦債務の法定上限を来年27日までの借り入れ分について引き上げてデフォルトを回避するほか、115日を期限とする2014会計年度暫定予算を成立させて政府機関閉鎖を解除することが柱となる。

 これまでは、デフォルト懸念の後退から「米長期金利低下」しており、その動きにつれて「米株高」、そして「ドル高」、さらにはリスク選好の動きから「円売り」とほぼ連動するようにシステマティックな動きとなっていたが、デフォルト危機脱出を機にこのシステマティックな動きに変化がみられるかもしれない。

 今回のデフォルト問題に関しては、事前に楽観視されていた向きもあることから、まずは事実確認のショートカバーの動きが各市場で起きることが予想される。

 期を同じくして、週明けにも発表が先送りとなっている米経済指標が発表されるが、早ければ月曜日(21日)にも先送りされてきた雇用統計などの指標発表が集中される見通しとなっている。

 米政治環境の混乱が一服したとはいえ、マーケットはまだ波乱含みの様相である。

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment