テーパリング実施を中心に考える

  • フィナンシャルヴィレッジホーム
  • ブログ
  • テーパリング実施を中心に考える
金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

11月 2021
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

テーパリング実施を中心に考える

2013年10月21日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 4:02 PM

 民主・共和党の合意でデフォルトの危機を脱した米国であるが、今週は火曜日(22日)に発表予定の米雇用統計および10月(118日発表予定)の雇用統計の事前予想が思わしくないことを材料に来週のFOMCでのテーパリング(量的緩和縮小)は見送られるとの見方が強まっている。

 このことにより今週前半はドルの頭の重い展開が予想されるが、遅かれ早かれテーパーリングが行われるとの見方が強いことにより、週後半に向けて徐々に足取りが軽くなると思われる。

 ドル円が上値追った場合、5月と9月の高値を結んだレジスタンスライン上の99.60を超えることができるかどうかが見極めのポイントとなるだろう。

 戦略的には同ポイントを抜けた場合のトレンドフォローの買い(ドル円クロス円ともに)及び雇用統計などを受けて押し目を付けた場合のbuy on dip(押し目買い)で考えたい。

 

 目先の材料に振らされて短期で攻めるより、中長期の中長期のスタンスでじっくりとポジションメイクしたほうが効果的であると思うのだが・・・・

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment