波乱の一日

金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

波乱の一日

2014年1月30日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 9:34 AM

 29日未明、FOMCで金利は据え置き、QE3市場の事前予想通り100億ドルの削減となり、買い入れ資産総額は月額650億ドルとなった。

 FOMCでの主だった声明は、

「労働市場は強弱混在」

「金融政策の決定は全員一致」

「失業率が6.5%を十分に下回るまでは低金利を維持する。」

 

くしくも同じ29日の午後17時ごろトルコ中銀が臨時で金融政策委員会リラを7.75%から12.00%の大幅の利上げ、22時ごろ南ア準備銀行もランドを現行の政策金利5.00%を5.50%に引き上げた。それに対してニュージーランドRBNZは、未明305時に、現行2.50%からの利上げが一部から期待されていたが据え置きと発表された。

利上げ期待があったことでキウイは据え置き発表後、大きく値を落としている。

「金利の調整は近いうちに開始される見込み」

「金利をより正常な水準に戻していく必要ある」

「インフレ圧力は今後2年のあいだ高まっていくと予想」

NZドル相場、長期的に持続可能であると予想されない」とコメントされている。

 トルコ、南アの予想外の利上げから始まり、新興国に対する懸念の意識が強まっていることで、リスク回避的の動きが衰えを見せず、ドル円も頭の重い展開を強いられている。

 

 マーケットが落ち着くまでしばらくかかりそうだ。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment