ドル高の行方

金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

ドル高の行方

2015年5月27日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 8:40 AM

先週22日に米議会上院において環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉合意に不可欠な大統領貿易促進権限(TPA)法案を賛成多数で可決した。このあと焦点は下院の審議に移るが、任期が2年と短く、支持基盤の労働組合や地元産業の意向を気にする議員が多い下院で可決できるかは予断を許さない情勢となっている。
ブッシュ政権時のTPA法案は、2002年の最終採決で、両院で計7回の採決が行われ、法案提出から成立まで10カ月かかっている。
最近のドル高が米企業収益に影響し、景気回復の動きを鈍らせているという事情もあり、上院は否決された為替操作への対抗措置を盛り込む修正案が下院でも提出される見通しとなっている。
当然この修正案の動向がマーケットに大きく左右することはあえて言うまでもないだろう。
同法案の結末次第では、中長期にわたって続いているドル高推移の展開、ここ最近のその修正の動きに大きな波乱を呼ぶ可能性を秘めている要因といえよう。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment