サプライズ満載

金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

サプライズ満載

2016年2月1日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 3:55 PM

先週末の日銀金融政策決定会合において、まさかのマイナス金利導入というサプライズによりマーケットは激しい動きを演じることとなった。

マイナス金利の良し悪しは別にして、久々の黒田バズーカ 炸裂といったところで、乱高下はありつつも株高円安で反応した。

 

マイナス金利導入の議論の末、5対4というギリギリの賛成ということもあり、マーケットはなかなか判断しづらいところもあったが、黒田総裁の記者会見などを受けて徐々に落ち着きを取り戻していった。

マーケットとしてはサプライズであったが、ひょっとしたらという予兆もなくはなかった。

前日に甘利大臣が辞任という報道があったが、勘ぐった見方をするとこのことが要因の一つとなった可能性も否定できない。

 

これまでアベノミクスの司令塔であった甘利大臣が辞職となると政権に対する不信感、それに付随するようにアベノミクスへの批判ともなれば屋台骨が揺らぎかねない。そのため安倍政権への援護射撃ともいうべき政策をとってくると考えても不思議ではなかった。

もちろん政府と日銀はそれぞれ独立したところではあるが、実際には二人三脚でアベノミクスを推進してきた事実はあるわけで、その不安感などを払しょくする意味での行動だったのではと勘ぐる考え方があってもおかしくはないところだろう。もちろん真相はわからないものだが。

 

いずれにせよ波乱のマーケットに大きな流れを強引ではあるが持ち込んできたことにより、負の連鎖はひとまず収まったのではないだろうか。

今週末の米雇用統計にむけてマーケットが落ち着いてくれると良いのだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment