「ドル買い」から「ユーロ売り」へ

  • フィナンシャルヴィレッジホーム
  • ブログ
  • 「ドル買い」から「ユーロ売り」へ
金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

「ドル買い」から「ユーロ売り」へ

2013年5月16日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 3:19 PM

ドル買いの流れが継続いている。

 昨日に発表された米系指標のニューヨーク連銀製造業景気指数(予想4.00結果-1.43)、証券投資(予想350USD結果-135USD)、生産者物価(予想-0.6%結果-0.7%)、鉱工業生産(予想-0.2%結果-0.5%)といずれも弱い内容の結果であったのにもかかわらず、足元のドル高の流れが強いせいか、対円、対ユーロでもドルは堅調さを示している。特に対ユーロでは逆にドルが買われ、ユーロが売られるという現象が起きている。

 これを受けてユーロドルのマーケットは重要なサポートラインである1.26501.2750に肉薄してきている。このレベルは20127月から形成し始めたヘッド&ショルダーのフォーメーションのネックラインに当たる。当然、同レベルでの下値抵抗は期待できるが、下抜けてしまった場合のターゲットは127月の1.2040レベルになり下値余地を大きくみせることになり、同レベルでの攻防に注目したい。

 ドル円はドル高の流れ継続で堅調さが予測されるが、クロス円の上値がストレート通貨の軟調さで頭の重い展開が予測される。場合によってはドルストレート通貨の下落が加速した場合はクロス円のショートカバーを誘発する可能性も指摘しておきたい。さらにそのケースではドル円も超短期的に引っ張られる可能性もある。

 ただし、ドル高の流れとともに円売りの流れも「生き」ていることから、その局面では中期戦略での絶好の押し目となりそうだ。

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment