ドル円、長期円高トレンドの終焉!?

  • フィナンシャルヴィレッジホーム
  • ブログ
  • ドル円、長期円高トレンドの終焉!?
金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

ドル円、長期円高トレンドの終焉!?

2014年1月6日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 10:22 AM

 昨年末からドル円や欧州クロス円が数年ぶりの高値を更新する強さを見せているが、ドル円が15年来のレジスタンスに差し掛かってきており、高値抵抗を見せるかどうかが注目される。

ここ15年間の長期スパンでのドル円の価格推移を見ると1998年の147.63円を頭にこれまで20022135.15円、20077123.66円と2度にわたってマーケットを切り返して下落トレンドへと落ち込んでいる。現時点でのトレンドラインでは108円アラウンドがポイントとなってくるが、ここ元のドル円からするとそこへのトライは必至であると考えられる。2007年当時も一旦はトレンドを崩し上抜けているが、その後リーマンショックで値を崩している。今回の円安は、アベノミクスでの円安に加え、米国ではQE3の解除傾向からドルの引き締め、引いては利上げに対する思惑でのドル高とダブルで強い円安への流れとなっている。

 リーマンショックのようなサプライズがない限り、長期円高トレンドは崩れるとみておいた方がよさそうだが、2007年の例からするとそれまで生き残っているトレンドラインを下抜けると下値を加速させる傾向がみられることから、トレンドをブレイクしたとしても、108円どころを逃げ場としたい。

 長期円高のトレンドラインに支配されている今現在では、気の早い気もするが、長期戦略として考えておきたい。

 まずは今週末の米雇用統計が大きな材料となってくるが、前回FOMCで提示された失業率6.5%という数字にどこまで迫るのか?はたまた好調さを示し続けている雇用に陰りが出始めるのか?年明け早々ではあるが、前回7.3%から7.0%への大幅改善を見せているだけに最大の関心をもって注目したい。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment