指標乱立の週

金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

指標乱立の週

2014年4月28日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 1:17 PM

 今週は日銀金融政策決定会合や米FOMCで作られるバイアスを中心にトレンドフォローのスタンスで考えたい。

 日銀金融政策決定会合では、黒田日銀総裁が「日銀が掲げる2%の物価安定目標について、達成への道筋を着実にたどっている。道筋から外れる場合は躊躇なく調整する」と述べているが、4月の月例経済報告で景気の基調判断が「下方修正」されたことで、「経済・物価情勢の展望レポート」への影響が警戒され、追加緩和に踏み切る可能性がある。無策なら失望感から円買いに傾くかもしれない

 また30日発表の米FOMCでは、100億ドルのテーパリング(量的緩和縮小)が継続することが予想されている。予想通りなら、織り込み済みということでドルが買われるというよりも、下支え要因にとどまるだろう。

週末には米国4月の雇用統計が控えており、失業率が6.6%で3月の6.7%から低下、非農業部門雇用者数が前月比+21.0万人の増加で、3月の+19.2万人から増加幅が拡大すると見込まれている。予想通りならば、6月の連邦公開市場委員会(FOMC)で100億ドルのテーパリング(量的緩和縮小)が予想され、ドル買い要因となる。

 また突発的なウクライナ情勢の変化には備えておきたい。5月25日のウクライナ大統領選挙に向けて、ウクライナ東南部へのロシア軍による軍事介入の可能性、内戦勃発の可能性が高まりつつある。警戒すべき日柄として、ソ連の対独戦勝記念日である5月9日が挙げられている。オバマ米政権が「OFAC規制」を発動し、ロシアの国家及び金融機関の資産凍結を強行した場合、ロシアも米国債の売却や天然ガス供給停止などを警告しており、予断を許さない状況が続くだろう。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment