大魚逃さぬように

金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

大魚逃さぬように

2014年7月24日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 12:43 PM

 EUR/USDやNZD/USDは下落、AUD/USDやUSD/CHFは上昇、USD/JPY、GBP/USDやUSD/CADは中立と足元の展開は各主要通貨まちまちの展開となっている。

 このような展開の背景には、EUR/USDのテクニカル、NZD/USD通貨高けん制発言、USD/CHFの地政学リスク高揚によるラストリゾート的な買いなど各通貨独自の材料を反映しているが、一方で米ドル自体の独自材料の欠落も一つの要因と考えられる。

 さらにウクライナや中東情勢の行方を懸念した不透明感から様子見の雰囲気も手伝っているのだろう。

 そのような中で来週29-30日に予定されているFOMCにはより注目したい。大詰めを迎えているゼロを目前に控えたテーパリングの実数、リバース・デポのクローズアップなどが焦点となっているが、新たな話題などにも気を配っておきたい。

 一方、円がらみで考えれば、安倍政権がまだ第2弾のカードを切っていないことやGPIF(年金独立法人)の増額が見込まれていることで、円自体の下値リスクは限定的であると予想される。一時的にサプライズ的な安値を示現する可能性は排除できないが、それが呼び水になりトレンド化することは考えにくい。

 短期でクロス円ショートの戦略もよいだろうが、その際にはストップオーダーやトレイルオーダーが必要不可欠となってくるだろう。

 小さな魚を追っかけすぎて、大魚を逃さぬようにしたい。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment