100円をめぐる攻防

金融に関するお悩みを解決します!ご相談・お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

12月 2021
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

会社情報

フィナンシャルヴィレッジの外観イメージ

  • 〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目
    13番27号グランドハイツ博多610
    TEL:092-292-6422
    FAX:092-292-7774
  • more

100円をめぐる攻防

2013年4月22日

Filed under: ブログ,時事ネタ や経済について — fvillage @ 3:30 PM

 一部地域からここもとの円安に対する指摘の懸念があったG20も無事終了し、いよいよドル円100円というビッグフィギャーの攻防が本格化してきた。

G20では、「日本は信頼に足る中期財政計画を策定すべきだ」との共同声明が盛り込まれ、日本に財政健全化を強く求められている。それだけにアベノミクスの一環となっている黒田日銀総裁の異次元の量的・質的金融緩和による円安が黙認された形だ。

これを受けて週明けから円安推移でドル円がビッグフィギャー100円をめぐる攻防となっているが、このテクニカルのポイントをどうこなすかで中期的な展開に影響を与えそうだ。

 

*パターン1:100円にプレイスされていると思われるストップを巻き込み、一気に騰勢を強め次なるレンジを模索するパターン。利食い等の押し目が入っても100円を大きく割ることもない。

*パターン2100円にタッチするも達成感が台頭し、12円程度の押し目を入れるパターン。中期的には材料を確認しつつも中立となる。

*パターン3100円にタッチもせずに、このまま先週つけた95.70円を割れるパターン。中期的には既に天井圏にあるという可能性が高い。

 

概ねこの3つのパターンが考えられるが、大きな材料をこなした直後の今週は週末にまた円安材料の出やすい日銀金融政策決定会合を控えているだけに、週前半にも上記のパターンが確認できる局面が訪れるかもしれない。中期的な戦略を立案するためにも今週前半のドル円の動向には注目したい。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment